Raspberry Pi 3(Raspbian)をディスプレイなしでセットアップする方法[Windows][DDWin]

Raspberry Pi 3にRaspbianをインストールし、HDMIディスプレイ、キーボード、マウスなしでセットアップする方法を紹介します。PCからSSHでログインできるように設定します。
作業する際に使用するPCのOSはWindowsです。Macを使う場合については別のエントリで書こうと思います。

今回紹介するのはRaspberry Pi 3ですが、Raspberry Pi 2でも同じようにできるはずです。
2016年ぐらいまでの間にネット上に出回ってるやり方だとSSHが有効にならず、いっこうにログインできないといった場合があるようです。

概要

Raspberry Pi 3(以下、Raspberry Pi)にRaspbianをインストールします。
WindowsPC(以下、PC)からTeraTermを使ってSSHでログインできるよう、設定をします。

以上の手順に必要な設定方法を紹介します。

実際にログインする方法は以下のページで紹介します。このページではセットアップ方法のみ紹介します。

ネットワーク共有したRaspberry Pi 3にSSH接続する方法[Windows]
ネットワーク共有したRaspberry Pi 3(セットアップ済み)にSSH接続する方法を紹介します。 概要 …

画像内のバージョンと本文に書かれているバージョンが異なる場合があります。本文のバージョンを優先してください。

準備

今回のセットアップに必要なものは以下の2点です。

  • 作業用PC
  • microSD

microSDは16GBでClass10のものをおすすめします。

作業手順

以下の手順で作業を進めていきます。

  1. Raspbianのダウンロード・展開
  2. DDWinのセットアップ
  3. DDWinでmicroSDにRaspbianを書き込み
  4. xfinderのセットアップ
  5. Raspbianのセットアップ

Raspbianのダウンロード・展開

以下の公式サイトからダウンロードできます。

Raspberry Pi Downloads - Software for the Raspberry Pi
Download free software for the Raspberry Pi, including NOOBS, Raspbian, and third-party operating system images. Beginners should start with NOOBS.

上記サイトからダウンロードする場合、ダウンロードがあまり速くありません。
環境にもよりますが、日本国内からだと1Mbps程度です。
ダウンロードするバージョンがわかる場合には、北陸先端科学技術大学院大学のサーバーからダウンロードすると速いです。
環境にもよりますが、30Mbps程度出ます。

2017年12月現在、最新版は「2017-11-29-raspbian-stretch」です。

Index of /pub/raspberrypi/raspbian/images

「[バージョン].zip」のリンクをクリックしてダウンロードします。今回の場合は「2017-11-29-raspbian-stretch.zip」です。
数分~数十分でダウンロードできますので待ちます。

ダウンロードできたら、「ダウンロード」フォルダを開き、先ほどダウンロードしたzipファイルを右クリックして「すべて展開」を選びます。

特に理由がなければ展開先はデフォルトのまま、ダウンロードフォルダを指定します。

数分で展開が終わるので待ちます。

DDWinのセットアップ

次にSDカード書き込みのためのソフトウェア、「DDWin」を用意します。

http://www.si-linux.co.jp/techinfo/index.php?DD_for_Windows#s74c46f6

上記のURLから最新版をダウンロードします。

先ほどと同様にダウンロードしたzipファイルを右クリックして「すべて展開」を選びます。

今回も展開先はデフォルトのまま、ダウンロードフォルダを指定します。

DDWinでmicroSDにRaspbianを書き込み

DDWinの準備ができたら、microSDにRaspbianを書き込みます。

「DDWin.exe」を右クリックして「管理者として実行」します。

次のような画面が立ち上がります。

Raspberry Pi用のmicroSDをPCにセットして対象となるドライブを選択します。
間違えてほかのドライブを指定しないように注意してください。USBメモリ等が接続されていなければ1つしか表示されないと思います。

次に、「ファイル選択」を選びます。

右下のファイルの種類を「All files」にします。

ダウンロードフォルダの中にあるimgファイル(先ほど展開したもの)を選択します。
zipファイルは選択しません
余談ですが、Raspbian以外のイメージでもDDWinを使ってmicroSDカードに書き込みができます。その際も同様に圧縮ファイル(.zipや.xz)は展開して、中身のimgファイルだけ書き込んでください。

「対象ディスク」と「対象ファイル」が正しいことを確認し、「<< 書込 <<」を選択します。

いくつか警告が出てきますので、「はい」を選択していきます。
これ以外の警告やエラーの場合はGoogleで原因を調べてみてください。

書き込みには十分から数十分程度かかります。その間に次のxfinderのセットアップを行うとよいかもしれません。

書き込みが完了すると、「書き込みが完了しました」と表示されます。

書き込み終了後、「フォーマットしますか?」と聞かれることがありますが、フォーマットしないでください。せっかく書き込んだデータが失われてしまいます。

xfinderのセットアップ

xfinderのセットアップをします。Raspberry PiのIPアドレスを検出する際に使用するソフトウェアです。
Raspberry Piだけ検出できるので大変便利です。Raspberry PiにSSH接続する際に毎回使用します。

http://openrtm.org/openrtm/ja/content/xfinder%E3%81%AE%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%96%B9%E6%B3%95#toc1

[2018年4月12日追記]
リンク切れだったのでWayback Machine(WEBアーカイブ)のリンクを紹介しておきます。

xfinderの利用方法 | OpenRTM-aist

[追記ここまで]

上記のサイトからダウンロードします。

exe形式でそのままダウンロードされます。つまり、このままダブルクリックすれば起動できます。
デスクトップ等にコピーしておくと後から使う際にも便利でよいかもしれません。

Raspbianのセットアップ

RaspbianへのSSH接続を有効にします。
2017年12月現在、RaspbianはデフォルトではSSH接続を受け付けないようになっています。
bootディレクトリに「ssh」という空ファイルをおいておくとSSHが有効になるのでその操作をします。

まず、次のzipファイルをダウンロードします。
raspberrypi_ssh.zip

「すべて展開」を選択し、ダウンロードフォルダ以下に展開しておきます。

「ssh」という名前の空ファイルが入っているので、それを先ほど用意したmicroSDの「boot」ドライブに書き込みます。

以上でRaspbianのセットアップは完了です。
取り外す際は念のため「コンピュータ」から「取り出し」を行って取り外してください。

以上でセットアップは完了です。
この状態のmicroSDをRaspberry Pi 3にセットし、起動すればPCからSSHでログインできるようになっています。

まとめ

WindowsのPCでmicroSDにRaspbianを書き込み、SSHでログインできるよう、セットアップ方法を紹介しました。
(書き込みに使用したソフトウェアはDDWinです。)

Raspberry Pi 3にログインする際に必要なソフトウェア、xfinderをPCにセットアップする方法を紹介しました。

実際にログインする方法は以下のページで紹介します。
https://tiryoh.com/blog/archives/1494

参考にしたサイト

Raspberry Piをディスプレイ・キーボード・マウス無しの三重苦でもセットアップする方法 – karaage. [からあげ]
http://karaage.hatenadiary.jp/entry/2015/07/15/080000

更新履歴

2018年4月12日

紹介しているサイトのURLを更新しました。

コメント

  1. […] Raspberry Pi 3 (Raspbian)をディスプレイなしでセットアップする方法[Windows] […]

  2. […] する方法を紹介します。PCからSSHでログインできるように設定します。 作業する際に使用するPCのOSはWindowsです。今回は前回よりもmicroSDへの書き込みに便利なソフトウェアを紹介します。 […]