GitHubでmasterブランチへのダイレクトプッシュを防ぐ方法

git-flowやGitHub Flowで開発していると更新内容はmasterリポジトリにいきなりプッシュせず、別のブランチで作業してからmasterブランチに統合したいですが、操作ミスでmasterブランチにプッシュしてしまうこともあります。あらかじめmasterブランチへのダイレクトプッシュができないようにしておくことは、そんなうっかりミスを防ぐために有効な手段の一つだと思います。

masterブランチにgit pushしようとすると以下のようなメッセージを出してダイレクトプッシュを防ぐ設定がGitHubにはあります。その設定方法をメモしておきます。

2020年1月10日現在、以下の項目を有効にすると、GitHubリポジトリのmasterブランチへのダイレクトプッシュを防ぐことができます。

  • Require pull request reviews before merging
  • Include administrators

GitHubリポジトリにブラウザからアクセスし、Settings -> Branches -> Branch protection rulesを編集します。

ここで設定している内容は以下のヘルプページで紹介されています。

GitHub Docs
Managing a branch protection rule - GitHub Docs You can create a branch protection rule to enforce certain workflows for one or more branches, such as requiring an approving review or passing status checks fo...

git-flowやGitHub Flowは以下のページに概要が書かれています。

@IT
【図解】git-flow、GitHub Flowを開発現場で使い始めるためにこれだけは覚えておこう 本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説しています。最終回は、幾つか存在するバー...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしていただけると励みになります!

この記事を書いた人

Memotekiの管理人です。このブログには学んだことや共有しておきたいことをマイペースにメモしていきます。2020年からは日記も書き始めました。

コメント

コメントする

目次
閉じる