トラックボールマウス(M570)のチャタリング

トラックボールマウス(M570)のチャタリングが酷くなったので 修理してみました。
修理しようと思ったのですが、修理するよりも前に交換品が届いてしまったので次に修理する際のメモです。

自分で修理をすることによって保証対象外となってしまいます。


2014年3月現在、M570はM570tに型番が変わって、中身が変わっていません。
実質値上げされています。


本体はトルクスネジで5箇所固定されていますので、ドライバで外します。
電池ボックス部分のシールの裏にもあります。
蓋を開けてみると、マイクロスイッチにD2FC-F7Nの文字が。
どうやらオムロンがマウス用に出荷しているもののようです

そしてAmazonの商品紹介ページには以下のように記載されています。

*この商品には上位の高耐久モデルが御座います
*D2FC-F-7N(10M) 耐久性2倍・100万回
*D2FC-F-7N(20M) 耐久性4倍・200万回
*高耐久モデルをお探しの方は上記型番のものをお求め下さい

オムロン製マイクロスイッチ D2FC-F-7N

D2F-01Fの廉価版で、メーカー向けに提供されている部品です
D2FC-F-7NやD2F-01Fのマイクロスイッチが故障した際の
交換にお使い頂けます。

当店にて実際にM570の修理に使用致しましたところ
D2F-01Fはクリック感が僅かに強く、重めの音で
D2FC-F-7Nは軽めの音です。
仕様上の動作負荷はどちらも0.74N(低負荷動作型)です

私見ですが、廉価な製品のクリック音は
D2FC-F-7Nに近い印象です。
どちらが良いかは、好みが御座いますが
M570の新品の状態に近いのはD2FC-F-7Nでした。

D2FC-F-7NはD2F-01Fよりもメーカー仕様上の耐久性が劣る部品です。
同等の耐久性とされている廉価版の型番は
D2FC-F-7N(10M)となります。



Amazonnの商品紹介ページによると、

*この商品に下位の廉価モデルが御座います
*D2FC-F-7N
廉価モデルをお探しの方は上記型番のものをお求め下さい
廉価モデルの主な違いは、マイクロスイッチの耐久性です

オムロン製マイクロスイッチ D2FC-F-7N(20M)

D2F-01Fの廉価版で、メーカー向けに提供されている部品です
D2FC-F-7NやD2F-01F及び、互換性のあるマイクロスイッチが故障した際の
交換にお使い頂けます。

当店にて実際にM570の修理に使用致しましたところ
D2F-01Fはクリック感が僅かに強く、重めの音で
D2FC-F-7Nは軽めの音です。
仕様上の動作負荷はどちらも0.74N(低負荷動作型)です

私見ですが、廉価な製品のクリック音は
D2FC-F-7Nに近い印象です。
どちらが良いかは、好みが御座いますが
M570の新品の状態に近いのはD2FC-F-7Nでした。

尚、廉価版となっておりますが
製造メーカー向けの供給部品という意味合いであり
メーカー(オムロン)が公表しているクリック耐久値は
D2F-01Fが100万回、D2FC-F-7N(20M)が200万回と
当商品の方が上回っています。
(その為、金額差も僅かです)


http://www.marutsu.co.jp/shohin_54428/
http://www.marutsu.co.jp/shohin_54427/

コメント