SyntaxHighlighter Evolvedを導入してみた

SyntaxHighlighter Evolved

WordPressでは今までWP-Syntaxにお世話になったましたが、任意の行がハイライトできないのがちょっと気に入らなかったのでSyntaxHighlighter Evolvedを導入してみました。

はなし半分なマトメ。 – SyntaxHighlighter Evolved 導入
ソースコードをキレイに表示するWordPressプラグイン「SyntaxHighlighter Evolved」 | OZPAの表4

こちらを参考にしました。

対応言語はたくさんあり、こんな感じです。

html,actionscript3,bash,coldfusion,cpp,csharp,css,
delphi,erlang,fsharp,diff,groovy,javascript,java,javafx,
matlab (keywords only),objc,perl,php,text,powershell,
python,r,ruby,scala,sql,vb,xml
BrushBrush aliases
ActionScript3as3, actionscript3
Bash/shellbash, shell
C#c-sharp, csharp
C++cpp, c
CSScss
Delphidelphi, pas, pascal
Diffdiff, patch
Groovygroovy
JavaScriptjs, jscript, javascript
Javajava
JavaFXjfx, javafx
Perlperl, pl
PHPphp
Plain Textplain, text
PowerShellps, powershell

Pythonpy, python
Rubyrails, ror, ruby
Scalascala
SQLsql
Visual Basicvb, vbnet
XMLxml, xhtml, xslt, html, xhtml

数多くの言語に対応しています。

こんな感じで書けて便利です。

[php] PHP用ソースコード [/php]
[css] CSS用ソースコード [/css]
[code lang="js"] ソースコード [/code]
[sourcecode language="plain"] ソースコード [/sourcecode]
[tag light="true"] ライトモード [/tag]

コメント