USB起動ディスク作成ユーティリティRufus v3.5のローカライゼーションをしました

USB起動ディスク作成ユーティリティ、Rufusの最新版v3.5が2019年3月28日にリリースされました。
UbuntuやWindowsのUSB起動ディスクをWindowsで簡単に作成することができます。

Rufus公式サイト : https://rufus.ie

今回も前回[1]USB起動ディスク作成ユーティリティRufus v3.2のローカライゼーションをしました – Memoteki
https://memoteki.net/archives/1619
や前々回[2]USB起動ディスク作成ユーティリティRufus v3.0のローカライゼーションをしました – Memoteki
https://memoteki.net/archives/1619
と同様にv3.5のリリースにあたり、ローカライゼーションにコミットしました。

今回のアップデートによって起動ディスクを作成する際にWindows 10やWindwos 8.1のOSのイメージファイルをRufusからダウンロードできるようになりました。

アップデートポリシーでアップデートの確認を有効にしていない場合とPowerShellのバージョンが3.0よりも古い場合は、以下の画像のようにダウンロードを選択することはできず、ISOファイルを選択するだけしかできません。

アップデートポリシーは最下部の設定から変更できますので、「おかしいな?」と思った場合は確認してみてください。

そのほかのアップデート内容についてはChangeLog.txtをご確認ください。

pbatard/rufus
The Reliable USB Formatting Utility. Contribute to pbatard/rufus development by creating an account on GitHub.

RUfusを使用することでWindowsから簡単にUSB起動ディスクを作成することができるようになりますので、ぜひ1度使用してみてください!

今回の日本語アップデート内容はこちらのコミットから確認できます。

[loc] update Japanese translation to latest · pbatard/[email protected]
The Reliable USB Formatting Utility. Contribute to pbatard/rufus development by creating an account on GitHub.
[loc] additional Japanese translation updates · pbatard/[email protected]
The Reliable USB Formatting Utility. Contribute to pbatard/rufus development by creating an account on GitHub.

今回新たに翻訳したところでも、今までに翻訳済みのところでも修正点や改善案がありましたら、お問い合わせフォームから、あるいはコメント欄にてお知らせください。

   [ + ]

コメント